ロゴ
HOME>Review>洗顔石鹸で正しく肌をケアしよう【みんなのアドバイス】

洗顔石鹸で正しく肌をケアしよう【みんなのアドバイス】

泡

毎日洗顔をして、肌の汚れを落とすでしょう。しかし、洗顔に使う石鹸や洗い方に注意しないと、逆効果となる場合があるのです。肌に優しい洗顔とはどれか、正しい洗い方とは何かは口コミを見ればわかります。

クチコミ

ゴシゴシ強く擦らない方がいい

スキンケアの基本は洗顔だと聞いたので、洗顔には気を使っています。低刺激の洗顔石鹸をしっかり泡立て、その泡の弾力で肌を洗っています。ゴシゴシ強くこすると、肌にダメージを与え汚肌の原因となってしまうので気を付けたほうがいいですよ。以前は、毛穴の汚れを落とそうと洗顔用ブラシを使っていたこともありましたが、最近は使うのを止めています。泡で優しく洗った方が、ブラシで無理やり汚れを掻きだすよりも長い目で見れば肌に良いと思うからです。ブラシで気になる部分を重点的に洗っていた時は、肌が乾燥したりごわついたりしましたが、今はほとんど肌トラブルもなく過ごしています。肌は繊細なので、できる限り優しく扱うのが美肌の秘訣だと思います。
【20代/女性】

ぬるま湯で洗うのがおすすめ

半年ほど前まで、季節を問わず洗顔はずっと水でしていました。寒い冬に冷水で洗顔すると、肌が引き締まるような気がしたからです。しかし、色々な美容コラムを読んでみるとぬるま湯で洗うのが良いと書かれているので、試しに洗ってみると肌が柔らかくなりました。ぬるま湯の方が、洗顔石鹸の泡もサッと落ちるので毛穴が詰まりにくく、肌の汚れがしっかり落とせるからなのかなと自分なりに解釈しています。余分な皮脂もぬるま湯で落ちるので、水で洗うよりも洗い上りがさっぱりします。この半年間でも、肌質が向上したように思います。あと、洗顔石鹸は出来る限りきめ細かくモコモコに泡立てる方が、皮脂や汚れを吸着しやすくキレイに洗うことができます。
【30代/女性】